9:00-18:00 (日・祝 9:30-18:00)
水曜日、第三火曜日
2018年11月24日
ブログ

ほんのり透明な引戸を作る!~おまけ~

みなさまこんにちは。

前回のブログで『ほんのり透明な引戸』が完成しましたが、材料が少し余ったのでこんなモノも作ってみました。

欄間(らんま)も作ってみました!

欄間とは、採光、通風&装飾といった目的のために天井と鴨居との間に設けられる開口部材です。

下の写真の青で囲った部分が欄間です。

これをほんのり透明な引戸と同じように作っていきます。

ただ、使用材料を少しだけ変更しました。

変更した材料は、溝付角材にはめ込んだポリカ中空ボードをアクリル板に変更しました。

なぜ変更したのかは後で説明します。

欄間とは、採光、通風&装飾といった目的のために天井と鴨居との間に設けられる開口部材です。
下の写真の青で囲った部分が欄間です。
これをほんのり透明な引戸と同じように作っていきます。
ただ、使用材料を少しだけ変更しました。
変更した材料は、溝付角材にはめ込んだポリカ中空ボードをアクリル板に変更しました。
なぜ変更したのかは後で説明します。
欄間とは、採光、通風&装飾といった目的のために天井と鴨居との間に設けられる開口部材です。 下の写真の青で囲った部分が欄間です。 これをほんのり透明な引戸と同じように作っていきます。 ただ、使用材料を少しだけ変更しました。 変更した材料は、溝付角材にはめ込んだポリカ中空ボードをアクリル板に変更しました。 なぜ変更したのかは後で説明します。

作業工程は引戸を作った時と同じ

墨出しをして、溝付角材をカット

カットしたい寸法を測り、墨付けをする
カットしたい寸法を測り、墨付けをする
カットした溝付角材
カットした溝付角材

トリマーを使って取っ手部を掘り込む

トリマーを使って取っ手部分を掘り込む
トリマーを使って取っ手部分を掘り込む
トリマーを使って取っ手部分を掘り込む
トリマーを使って取っ手部分を掘り込む

木枠を組み立て、アクリル板をはめ込む

欄間の枠を組み立てる
欄間の枠を組み立てる
欄間の枠を組み立てる
欄間の枠を組み立てる

マステで養生して、コーキングを打つ

アクリル板を木枠に固定するために、コーキングを打つ
アクリル板を木枠に固定するために、コーキングを打つ
アクリル板を木枠に固定するために、コーキングを打つ
アクリル板を木枠に固定するために、コーキングを打つ
アクリル板を木枠に固定するために、コーキングを打つ
アクリル板を木枠に固定するために、コーキングを打つ

完成!

完成です。
なぜポリカ中空ボードではなくアクリル板を使ったのか?の理由として、室内空間を広く感じさせたかったからです。
ポリカ中空ボードは、引戸の写真を見て分かるように透明ではありますが、縦に入っている無数のリブにより遮られている感じが強いです。
しかし、今回使用したアクリル板は透明なため、隣の部屋の天井を見通すことができて空間を広く感じることができます。
完成です。 なぜポリカ中空ボードではなくアクリル板を使ったのか?の理由として、室内空間を広く感じさせたかったからです。 ポリカ中空ボードは、引戸の写真を見て分かるように透明ではありますが、縦に入っている無数のリブにより遮られている感じが強いです。 しかし、今回使用したアクリル板は透明なため、隣の部屋の天井を見通すことができて空間を広く感じることができます。
完成です。
なぜポリカ中空ボードではなくアクリル板を使ったのか?の理由として、室内空間を広く感じさせたかったからです。
ポリカ中空ボードは、引戸の写真を見て分かるように透明ではありますが、縦に入っている無数のリブにより遮られている感じが強いです。
しかし、今回使用したアクリル板は透明なため、隣の部屋の天井を見通すことができて空間を広く感じることができます。
完成です。 なぜポリカ中空ボードではなくアクリル板を使ったのか?の理由として、室内空間を広く感じさせたかったからです。 ポリカ中空ボードは、引戸の写真を見て分かるように透明ではありますが、縦に入っている無数のリブにより遮られている感じが強いです。 しかし、今回使用したアクリル板は透明なため、隣の部屋の天井を見通すことができて空間を広く感じることができます。

完成です。

なぜポリカ中空ボードではなくアクリル板を使ったのか?の理由として、室内空間を広く感じさせたかったからです。

ポリカ中空ボードは、引戸の写真を見て分かるように透明ではありますが、縦に入っている無数のリブにより遮られている感じが強いです。

しかし、今回使用したアクリル板は透明なため、隣の部屋の天井を見通すことができて空間を広く感じることができます。

この写真では、アクリル板の養生シートを外さずに写真を撮ってしまったのでイメージがしにくいと思います。

なので、枠にアクリル板をはめ込んでいない写真を下に載せておくので、こちらを見ればイメージしやすいかと思います。

『ほんのり透明な引戸』のおまけ的な感じで作ってみましたが、良い感じに仕上がりました。

これも色々な部屋で活躍してくれそうな気がしています。

♪お住まいのお困りごと、分からないことがあればお気軽にご連絡下さい♪

~~~~~~~~~~~~~~~~
☆これからの住まいの新基準☆
☆「リニュアル仲介」☆
●不動産の資産価値を即座に判断できる面白いアプリ
 セルフインスペクションアプリ「SelFin(セルフィン)
 無料で登録できるので、気軽に遊び感覚で利用してみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~
○●○藤ホーム地所株式会社○●○
・HP:https://fujihomejisho.co.jp/
・高島平本店
 住所:東京都板橋区高島平8-14-1
 Tel: 03-3935-0024
 Fax: 03-3935-6339
・赤塚店
 住所:東京都練馬区田柄2-52-8
 Tel: 03-3930-6441
 Fax: 03-3930-6438
○●○●○●○●○●○●○●○●
この記事を書いた人
遠藤 勝信 エンドウ カツノブ
遠藤 勝信
いずれ藤ホーム地所の三代目!?になるかもしれない一般平社員です。 定期的に駐車場のゴミ拾いや除草剤の散布、管理物件のお部屋や共用部の清掃、細かい雑務などをやっています。 最近はものづくりにどっぷりとはまっており、自分で建具を作ってみたり、壁を塗装してみたりと部屋を色々といじっています。 ものづくりの作業状況は弊社のブログで随時更新しているのでご覧いただけたらと思います。
arrow_upward