Tel: 03-3935-0024
9:00-18:00 (日・祝 9:30-18:00)
水曜日、第三火曜日

内見する時のポイント

少し準備するだけで新生活のイメージがしやすくなります

初めに準備することは

不動産会社に電話をして、内見に行こうと思ったら準簿をしといた方がいいことがあります。

まずは、グーグルマップなどを使って周辺地図を確認したり、ストリートビューを使って街の雰囲気などを確認しておきましょう。

現地で不動産会社と待ち合わせをすれば、最寄駅からの街並みやどこにコンビニやスーパーがあるのか、ゆっくり確認しながら物件まで行けます。

しかし、不動産会社が車で案内する場合は一方通行などの道は通れないので、回り道をしたりするのがほとんどです。

 希望の物件がどのような場所にあり、どのように最寄りの駅まで行けばいいのかなどを事前に確認しておきましょう。

また、営業マンに駅までの近道などを聞いてみるのも良いと思います。

 私の中ではグーグルマップのストリートビューを使い、希望物件周辺を探検してみるのがおススメな方法です。

準備した方がいい道具

内見する際に持っていくと役に立つ道具についてです。

メジャー、ボールペン、メモ帳、家具などの大きさを確認できる図面、カメラ(携帯のカメラ)、方位磁石。

 自分に合った部屋を見つけ、いざ入居したときにソファーや収納棚が入らない…なんてことは嫌ですよね。

事前に家具、冷蔵庫、洗濯機などの大きさは測っておきましょう。

内見が終わって帰宅すると忘れていることもあるので、気になる点があったら写真を撮ったり、メモ帳に書き残しておくことがおススメです。

お部屋の向きは?

生活する上で、日当りって重要ですよね。

日当りは部屋の向きと、建物の周辺条件で色々と変わってきます。

まず、ベランダや窓がどの方向に向いているか確認しましょう。

間取図面にも方位は書いてありますが、分からなければ方位磁石で調べるのが早いです。

この方位磁石についてはスマホの機能で付いているものもあるので、それを利用しても良いと思います

例えば、南側の部屋であれば朝から夕方まで採光が入り明るい空間となりますが、北東か東向きなら午前中、北西か西向きなら午後に採光が入るようになります。

また、物件の周り建物や樹木などによっても採光が遮られる可能性があるので、どんな建物などが実際にあるのかチェックしておくのも重要です。

どんな設備が付いてるの?

部屋にある設備を確認しましょう。

お風呂には追い焚き機能が付いているのか?エアコンは何台付いているのか?ウォシュレットは付いているのか?などとあります。

エアコンや照明器具などの場合は、残置物である可能性もあるので案内してくれた不動産屋さんに聞いてみるのが良いと思います。

残置物は壊れたときに自分で修理代を払う可能性が高いので注意して下さい。

高島平周辺ですと都市ガスが多いですが、建物によってはプロパンガスを使用している場合があります。都市ガスとプロパンガスでは器具の種類が異なってくるので注意が必要です。

電化製品をかなり使う方はブレーカーもチェックしておきましょう。

大体ブレーカーは玄関付近にある場合が多いです。

一人暮らしの場合は30A(アンペア)もあれば十分だと思います。

20Aの場合だと、いくつか電化製品を同時使用すると飛ぶ可能性があるので注意してください。

今はインターネットを誰でも使うようになりました。ネットの環境や携帯の電波なども悪くないか確認するのも大切です。

 

こんなポイントも確認してみる

細かい所もありますが、こんな所も気にしてみましょう。

室内のにおいについてです。

内見した際に、前に住んでいた人のタバコのにおいが残っている場合があります。

時間が経てばにおいは無くなりますが、無くなるまで我慢をしなければいけません。

また、下水のようなにおいがする場合もあります。

これは排水口の封水トラップの水が少なくなり発生します。

この水が少なくなると、においだけでなく小さいハエなど虫の死骸が出てきます。

内見の際には不快の思いをするかもしれませんが、部屋の大きな欠陥である可能性は少ないので、心配しなくて大丈夫だと思います。

色々とポイントを紹介しましたが、全て見るのは時間的に難しい場合もあります。

そのような場合には、自分の譲れない優先順位を付けたチェックシートを作っておくとスムーズに内見できます。

また、治安や騒音が気になる方は内見をした日中だけでなく、自分で夜などの別の時間帯に下見に行くのもおススメです。

arrow_upward