9:00-18:00 (日・祝 9:30-18:00)
水曜日、第三火曜日
2019年07月25日
ブログ

サシガネの使い方

みなさまこんにちは。

サシガネの基本的な使い方についてです。

難しいことはないと思うので、持っていればすぐに使えます。

材に対して直角に線を引く

サシガネを使えば木材に対して直角な線を引きます。木材にサシガネを引っ掛けて、鉛筆などで線を引けば完了です。状況にもよりますが、サシガネの長手(長い方)側を木材に当てて、妻手(短い方)側で線を引いた方がより正確な直角の線が引けます。
サシガネを使えば木材に対して直角な線を引きます。木材にサシガネを引っ掛けて、鉛筆などで線を引けば完了です。状況にもよりますが、サシガネの長手(長い方)側を木材に当てて、妻手(短い方)側で線を引いた方がより正確な直角の線が引けます。
サシガネを使えば木材に対して直角な線を引きます。木材にサシガネを引っ掛けて、鉛筆などで線を引けば完了です。状況にもよりますが、サシガネの長手(長い方)側を木材に当てて、妻手(短い方)側で線を引いた方がより正確な直角の線が引けます。
サシガネを使えば木材に対して直角な線を引きます。木材にサシガネを引っ掛けて、鉛筆などで線を引けば完了です。状況にもよりますが、サシガネの長手(長い方)側を木材に当てて、妻手(短い方)側で線を引いた方がより正確な直角の線が引けます。

サシガネを使えば木材に対して直角な線を引きます。

木材にサシガネを引っ掛けて、鉛筆などで線を引けば完了です。

状況にもよりますが、サシガネの長手(長い方)側を木材に当てて、妻手(短い方)側で線を引いた方がより正確な直角の線が引けます。

材面の反りやゆがみをチェックする

上の写真のようにサシガネを木材に当てることで、反りや歪みを簡単にチェックできます。写真では分かりにくいと思いますが、木材とサシガネが接している部分に、所々、外の光が材面に当たって、明るくなっている部分があると思います。この部分は、材面がボコボコしていてサシガネと材面の間に隙間が生じているため明るくなっています。
上の写真のようにサシガネを木材に当てることで、反りや歪みを簡単にチェックできます。写真では分かりにくいと思いますが、木材とサシガネが接している部分に、所々、外の光が材面に当たって、明るくなっている部分があると思います。この部分は、材面がボコボコしていてサシガネと材面の間に隙間が生じているため明るくなっています。

上の写真のようにサシガネを木材に当てることで、反りや歪みを簡単にチェックできます。

写真では分かりにくいと思いますが、木材とサシガネが接している部分に、所々、外の光が材面に当たって、明るくなっている部分があると思います。

この部分は、材面がボコボコしていてサシガネと材面の間に隙間が生じているため明るくなっています。

サシガネを当てるだけでこのようなチェックができるので非常に簡単です。

材の直角を調べる

材の反りなどをチェックする時と同様に、サシガネを調べたい直角部分に当てることで簡単にチェックできます。上の写真は、木材をカットした端部が直角になっているのかをチェックしています。下の写真は、窓枠部分の接合部が直角になっているのかをチェックしています。
材の反りなどをチェックする時と同様に、サシガネを調べたい直角部分に当てることで簡単にチェックできます。上の写真は、木材をカットした端部が直角になっているのかをチェックしています。下の写真は、窓枠部分の接合部が直角になっているのかをチェックしています。
材の反りなどをチェックする時と同様に、サシガネを調べたい直角部分に当てることで簡単にチェックできます。上の写真は、木材をカットした端部が直角になっているのかをチェックしています。下の写真は、窓枠部分の接合部が直角になっているのかをチェックしています。
材の反りなどをチェックする時と同様に、サシガネを調べたい直角部分に当てることで簡単にチェックできます。上の写真は、木材をカットした端部が直角になっているのかをチェックしています。下の写真は、窓枠部分の接合部が直角になっているのかをチェックしています。
材の反りなどをチェックする時と同様に、サシガネを調べたい直角部分に当てることで簡単にチェックできます。上の写真は、木材をカットした端部が直角になっているのかをチェックしています。下の写真は、窓枠部分の接合部が直角になっているのかをチェックしています。
材の反りなどをチェックする時と同様に、サシガネを調べたい直角部分に当てることで簡単にチェックできます。上の写真は、木材をカットした端部が直角になっているのかをチェックしています。下の写真は、窓枠部分の接合部が直角になっているのかをチェックしています。

材の反りなどをチェックする時と同様に、サシガネを調べたい直角部分に当てることで簡単にチェックできます。

上の写真は、木材をカットした端部が直角になっているのかをチェックしています。

下の写真は、窓枠部分の接合部が直角になっているのかをチェックしています。

両方ともほぼ直角だったので、材とサシガネの間に隙間は見えませんでした。

直角でなければこの部分に隙間ができます。

大きいサシガネはしなるので曲線が引ける

大きいサイズのサシガネは上の写真のようにかなりしなります。このしなりを利用して曲線を引くことができます。曲線を引く時は釘などでサシガネを固定すると引きやすいです。
大きいサイズのサシガネは上の写真のようにかなりしなります。このしなりを利用して曲線を引くことができます。曲線を引く時は釘などでサシガネを固定すると引きやすいです。
大きいサイズのサシガネは上の写真のようにかなりしなります。このしなりを利用して曲線を引くことができます。曲線を引く時は釘などでサシガネを固定すると引きやすいです。
大きいサイズのサシガネは上の写真のようにかなりしなります。このしなりを利用して曲線を引くことができます。曲線を引く時は釘などでサシガネを固定すると引きやすいです。

大きいサイズのサシガネは上の写真のようにかなりしなります。

このしなりを利用して曲線を引くことができます。

曲線を引く時は釘などでサシガネを固定すると引きやすいです。

上で出てきた黒いサシガネもしなりますが、サイズが少し小さいため大きなサシガネと比べるとそこまでしなりません。

無理に曲げすぎるとサシガネ自体が曲がってしまう可能性があるのでご注意ください。

 

サシガネの基本的な使い方はこんな感じです。

難しくないと思うので誰でもすぐにできると思います。

材のゆがみや直角を調べられるようになるだけでも、もの作りの完成度はかなり上がります。

また、家の中にある直角と思われるものをチェックしてみるのも面白いのかもしれません。

これは補足ですが、サシガネにもゆがみがある可能性があります。

これをチェックするにはサシガネに似たような道具である『スコヤ』を使ってチェックしてください。

チェックのやり方はサシガネとスコヤを合わせるだけです。

これだけでチェックできるので、サシガネを購入する際はスコヤもセットで購入してもいいかもしれません。

ご参考までにと思います。

♪お住まいのお困りごと、分からないことがあればお気軽にご連絡下さい♪

~~~~~~~~~~~~~~~~
☆これからの住まいの新基準☆
☆「リニュアル仲介」☆
●不動産の資産価値を即座に判断できる面白いアプリ
 セルフインスペクションアプリ「SelFin(セルフィン)
 無料で登録できるので、気軽に遊び感覚で利用してみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~
○●○藤ホーム地所株式会社○●○
・HP:https://fujihomejisho.co.jp/
・高島平本店
 住所:東京都板橋区高島平8-14-1
 Tel: 03-3935-0024
 Fax: 03-3935-6339
・赤塚店
 住所:東京都練馬区田柄2-52-8
 Tel: 03-3930-6441
 Fax: 03-3930-6438
○●○●○●○●○●○●○●○●
この記事を書いた人
遠藤 勝信 エンドウ カツノブ
遠藤 勝信
いずれ藤ホーム地所の三代目!?になるかもしれない一般平社員です。 日々、駐車場のゴミ拾いや除草剤の散布、定期的に管理物件を見回ってお部屋の中や共用部の清掃、細かい雑用作業などをやっております。 最近では、ものづくりにはまっており、自分で室内の建具を作ってみたり、壁などを塗装してみたりと不動産屋らしからぬことをしています。 がらっと話は変えますが、賃貸住宅でDIYやちょっとしたカスタマイズが自分でお気軽にできたらどうでしょうか? 日々の生活がちょっと楽しくなりそうじゃないですか? とはいっても、大体の賃貸住宅には原状回復義務などの縛りがあり、お気軽にカスタマイズもできず、生活する上で息苦しさを感じます。 また、人口減少の影響もあって住戸も余っている状態です。 賃貸住宅においては空き部屋がどんどん増えていく状況になっています。 そんな空き部屋をなくすために古いアパートなどを壊して新築のマンションを建てることや、お部屋の中をキレイにリノベーションするのも良いと思います。 しかし、今ある建物やお部屋を有効活用して空き部屋がなくなれば一番いいですよね? この疑問を解決できる一つの方法として、住む人がお部屋を『DIYやカスタマイズできる賃貸』なのではないかと私は考えています。 しかし、大家さんにとっても入居者さんにとっても、DIYやらせてあげるのと実際にやるのって、何だかハードルが高く感じませんか? 私はこのハードルが低くなり、大家さんと入居者さんがお互いに楽しくなるような賃貸DIYの仕組みを検討しています。
arrow_upward