9:00-18:00 (日・祝 9:30-18:00)
水曜日、第三火曜日
2017年05月11日
ブログ

暑さは、油断大敵

みなさまこんにちは

毎年、暑くなるとテレビなどで、必ず取り上げられるのが「熱中症」です。耳にタコが出来るくらい聞かされますが、全国で何千人もの人が「熱中症」を発症しています。

肝に銘じていても、油断大敵です。

みなさんの方が、よくご存知とは思いますが、改めて簡単に「熱中症」を見直してみませんか。

敢えて「熱中症」とは何ぞや。

体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調整機能が働かなくなったりして、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気です。

Ⅰ度: 現場での応急処置で対応できる軽症

    立ちくらみ(脳への血流が瞬間的に不十分になった事で生じる)

    筋肉痛、筋肉の硬直(発汗に伴う塩分の不足で生じるこむら返り)

    大量の発汗

Ⅱ度: 病院への搬送を必要とする中等症

    頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感

Ⅲ度: 入院して集中治療の必要のある重症

    意識障害、けいれん、手足の運動傷害

    高体温(体に触ると熱い。いわゆる熱射病、重度の日射病)

 

予防法としては

 外的な予防          内的な予防

・暑さを避ける服装      ・無理なダイエットなどで食事や飲み物を制限しない       

・風通しを良くする      ・十分な水と電解質(イオン)を補給する

・無理な節電をしない     ・睡眠をしっかり取って休息する

・気温、温度を下げる     ・適度な運動で筋力を保ち、汗がかける体質になる

 

熱中症が疑われる人を見かけたら

 涼しい場所へ

 エアコンが効いてる室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる

 からだを冷やす

 衣類をゆるめる

 からだに水をかけたり、冷たいタオルを当ててからだ冷やす

 (特に、首回り、脇の下、足の付け根など)

 水分補給

 水分・塩分・経口補水液(水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの)などを補給する

 また、足を高くして手や足を先の方から心臓部に向かってマッサージするのも、とても有効と言われています。

 

この頃は、高齢者の「熱中症」が大きな問題になっています。

若い人は、暑くなればエアコンをつけますが、高齢者の場合はエアコンをつけるのを忘れたり、暑さを感じにくくなっているため、暑いと気づくのが遅くなったり、夜トイレに起きるのが嫌なので、水分補給を控えたりする事が要因だそうです。

何か特別なことをしたと言う事ではなく、ふだんの生活をしていて倒れる方も多いようです。

くどいようですが、昔の季節感とは違い「暑い」と思ったら、すぐに暑さ対策をする事が大切です。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆★☆賃貸物件をお探しのお客様へ☆★☆

現在、5月末までのキャンペーンもやっています。

①当社ホームページをご覧になって、ご内見して頂いたお客様に【クオカード¥500円分】をプレゼント!

②単身物件ご成約のお客様に【¥5,000円】のキャッシュバック!

③ファミリー物件ご成約のお客様に【¥10,000円】のキャッシュバック!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

☆★☆これからの住まいの新基準「リニュアル仲介」☆★☆

●不動産の資産価値を即座に判断できる面白いアプリ

 セルフインスペクションアプリ「SelFin(セルフィン)」

 無料で登録できるので、気軽に遊び感覚で利用してみてください。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
○●○●○藤ホーム地所株式会社○●○●○

・HP:https://fujihomejisho.co.jp/

・高島平本店

 住所:東京都板橋区高島平8-14-1

 Tel: 03-3935-0024

 Fax: 03-3935-6339

・赤塚店

 住所:東京都練馬区田柄2-52-8

 Tel: 03-3930-6441

 Fax: 03-3930-6438

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

 

 

 

 

    

 

arrow_upward