9:00-18:00 (日・祝 9:30-18:00)
水曜日、第三火曜日
2018年02月25日
ブログ

作業台から作ってみましたが…

みなさまこんにちは。

和室&洋室の天井のDIYからやろうと思いましたが、足場としても使える作業台が欲しくなりました。

そこで、その作業台も自分たちで作ってしまおうということになりました。

作業台もDIY

いざ天井のDIYを始めようと思いましたが、2m以上の天井高があるので、「何か人が乗れるような台がないと作業ができない…」と感じてしまいました。

どうしようか考えていた時にDIY賃貸における書籍を読んだ『自分で簡単に作れる作業台』を思い出しました。

どんな感じで作るのか忘れてしまっていたので、再度その本を読み返し、材料を揃えてしまえば作業時間は約30分ぐらいで作れると書いてあります。

お金出して作業台を買うのも良いですが、賃貸DIY生活のことを考えてみると、人が乗れるような作業台の使用頻度って少ないかと思います。

使用頻度が低いということは、お部屋の中にあると邪魔になる可能性が大です。

そこで、作業台も解体することができて、更に使用した材料も他のDIYで活用できるような作業台が作れたら便利ですよね。

なので、今回はそんな作業台を作ってみました。

1×4材(ワンバイフォー)で作る

この作業台は1×4材(ワンバイフォー)を組み合わせて作ります。

ちなみに1×4材の寸法は、厚さが19mm、幅が89mmの木材になります。

ホームセンターに行けば、見かけたことがあるかもしれません。

この作業台は1×4材(ワンバイフォー)を組み合わせて作ります。
ちなみに1×4材の寸法は、厚さが19mm、幅が89mmの木材になります。
ホームセンターに行けば、見かけたことがあるかもしれません。
この作業台は1×4材(ワンバイフォー)を組み合わせて作ります。 ちなみに1×4材の寸法は、厚さが19mm、幅が89mmの木材になります。 ホームセンターに行けば、見かけたことがあるかもしれません。

まずは1×4材をT字に組み立てる

2本の1×4材を使用して、T字になるように組み合わせて作業台のパーツを作っていきます。

1×4材の長さが1820mmあったので、取り付けるための木ネジのピッチは大体450mm前後にして4か所で止めました。

心配であればもうちょっとピッチを細かくしても良いと思います。

そして、このT字のパーツを3本作ります。

2本の1×4材を使用して、T字になるように組み合わせて作業台のパーツを作っていきます。
1×4材の長さが1820mmあったので、取り付けるための木ネジのピッチは大体450mm前後にして4か所で止めました。
2本の1×4材を使用して、T字になるように組み合わせて作業台のパーツを作っていきます。 1×4材の長さが1820mmあったので、取り付けるための木ネジのピッチは大体450mm前後にして4か所で止めました。
2本の1×4材を使用して、T字になるように組み合わせて作業台のパーツを作っていきます。
1×4材の長さが1820mmあったので、取り付けるための木ネジのピッチは大体450mm前後にして4か所で止めました。
2本の1×4材を使用して、T字になるように組み合わせて作業台のパーツを作っていきます。 1×4材の長さが1820mmあったので、取り付けるための木ネジのピッチは大体450mm前後にして4か所で止めました。

T字パーツを連結する

T字パーツを3本並べて、その側面に1枚の1×4材を張り付けてネジ留めします。

この作業を反対側の側面も同じようにやります。

これで作業台の天板部分は完成です。

T字パーツを3本並べて、その側面に1枚の1×4材を張り付けてネジ留めします。
この作業を反対側の側面も同じようにやります。
これで作業台の天板部分は完成です。
T字パーツを3本並べて、その側面に1枚の1×4材を張り付けてネジ留めします。 この作業を反対側の側面も同じようにやります。 これで作業台の天板部分は完成です。
T字パーツを3本並べて、その側面に1枚の1×4材を張り付けてネジ留めします。
この作業を反対側の側面も同じようにやります。
これで作業台の天板部分は完成です。
T字パーツを3本並べて、その側面に1枚の1×4材を張り付けてネジ留めします。 この作業を反対側の側面も同じようにやります。 これで作業台の天板部分は完成です。
T字パーツを3本並べて、その側面に1枚の1×4材を張り付けてネジ留めします。
この作業を反対側の側面も同じようにやります。
これで作業台の天板部分は完成です。
T字パーツを3本並べて、その側面に1枚の1×4材を張り付けてネジ留めします。 この作業を反対側の側面も同じようにやります。 これで作業台の天板部分は完成です。
T字パーツを3本並べて、その側面に1枚の1×4材を張り付けてネジ留めします。
この作業を反対側の側面も同じようにやります。
これで作業台の天板部分は完成です。
T字パーツを3本並べて、その側面に1枚の1×4材を張り付けてネジ留めします。 この作業を反対側の側面も同じようにやります。 これで作業台の天板部分は完成です。

作業台の脚部分を切り出す

次に作業台の脚部分についてです。

天井高さと自分の身長を考慮して、脚の長さを決めます。

そして、長さを決めたら寸法を測って1×4材をカットです。

脚部分となる1×4材を4本切り出します。

次に作業台の脚部分についてです。
天井高さと自分の身長を考慮して、脚の長さを決めます。
そして、長さを決めたら寸法を測って1×4材をカットです。
脚部分となる1×4材を4本切り出します。
次に作業台の脚部分についてです。 天井高さと自分の身長を考慮して、脚の長さを決めます。 そして、長さを決めたら寸法を測って1×4材をカットです。 脚部分となる1×4材を4本切り出します。
次に作業台の脚部分についてです。
天井高さと自分の身長を考慮して、脚の長さを決めます。
そして、長さを決めたら寸法を測って1×4材をカットです。
脚部分となる1×4材を4本切り出します。
次に作業台の脚部分についてです。 天井高さと自分の身長を考慮して、脚の長さを決めます。 そして、長さを決めたら寸法を測って1×4材をカットです。 脚部分となる1×4材を4本切り出します。
次に作業台の脚部分についてです。
天井高さと自分の身長を考慮して、脚の長さを決めます。
そして、長さを決めたら寸法を測って1×4材をカットです。
脚部分となる1×4材を4本切り出します。
次に作業台の脚部分についてです。 天井高さと自分の身長を考慮して、脚の長さを決めます。 そして、長さを決めたら寸法を測って1×4材をカットです。 脚部分となる1×4材を4本切り出します。
次に作業台の脚部分についてです。
天井高さと自分の身長を考慮して、脚の長さを決めます。
そして、長さを決めたら寸法を測って1×4材をカットです。
脚部分となる1×4材を4本切り出します。
次に作業台の脚部分についてです。 天井高さと自分の身長を考慮して、脚の長さを決めます。 そして、長さを決めたら寸法を測って1×4材をカットです。 脚部分となる1×4材を4本切り出します。

足部分を取り付ければ完成

脚部分となる4本の1×4材を天板部分に取り付ければ完成です。

作業に慣れてないせいもありますが、作業時間は1時間かからないぐらいで終わりました。

脚部分となる4本の1×4材を天板部分に取り付ければ完成です。
作業に慣れてないせいもありますが、作業時間は1時間かからないぐらいで終わりました。
脚部分となる4本の1×4材を天板部分に取り付ければ完成です。 作業に慣れてないせいもありますが、作業時間は1時間かからないぐらいで終わりました。

無事に完成したと思ったら…

完成して達成感を感じながら、作業台をひっくり返してみました。

 

『あれれ………』

『天板部分がねじれてて、作業台の脚がガタガタしてかなり不安定じゃね……』

 

この作業台に乗って作業をしたら、不安定すぎて転倒する可能性が高く怪我をしてしまします。

写真では分かりにく思いますが、かなりねじれてます。

木材のねじれがこんなにも影響するとは思ってもいませんでした。

何とかこのねじれを修正して、作業台の安定性を確保しようと考えましたが、ねじれがひど過ぎて修正するにはかなり難しいと判断しました。

 

そこで、色々と検討した結果、天板の一部分の材料と4本の脚部分の材料を少し変えてみることにしました。

 

次回に続きます。

完成して達成感を感じながら、作業台をひっくり返してみました。
 
『あれれ………』
『天板部分がねじれてて、作業台の脚がガタガタしてかなり不安定じゃね……』
 
この作業台に乗って作業をしたら、不安定すぎて転倒する可能性が高く怪我をしてしまします。
写真では分かりにく思いますが、かなりねじれてます。
完成して達成感を感じながら、作業台をひっくり返してみました。   『あれれ………』 『天板部分がねじれてて、作業台の脚がガタガタしてかなり不安定じゃね……』   この作業台に乗って作業をしたら、不安定すぎて転倒する可能性が高く怪我をしてしまします。 写真では分かりにく思いますが、かなりねじれてます。
完成して達成感を感じながら、作業台をひっくり返してみました。
 
『あれれ………』
『天板部分がねじれてて、作業台の脚がガタガタしてかなり不安定じゃね……』
 
この作業台に乗って作業をしたら、不安定すぎて転倒する可能性が高く怪我をしてしまします。
写真では分かりにく思いますが、かなりねじれてます。
完成して達成感を感じながら、作業台をひっくり返してみました。   『あれれ………』 『天板部分がねじれてて、作業台の脚がガタガタしてかなり不安定じゃね……』   この作業台に乗って作業をしたら、不安定すぎて転倒する可能性が高く怪我をしてしまします。 写真では分かりにく思いますが、かなりねじれてます。
完成して達成感を感じながら、作業台をひっくり返してみました。
 
『あれれ………』
『天板部分がねじれてて、作業台の脚がガタガタしてかなり不安定じゃね……』
 
この作業台に乗って作業をしたら、不安定すぎて転倒する可能性が高く怪我をしてしまします。
写真では分かりにく思いますが、かなりねじれてます。
完成して達成感を感じながら、作業台をひっくり返してみました。   『あれれ………』 『天板部分がねじれてて、作業台の脚がガタガタしてかなり不安定じゃね……』   この作業台に乗って作業をしたら、不安定すぎて転倒する可能性が高く怪我をしてしまします。 写真では分かりにく思いますが、かなりねじれてます。

♪お住まいのお困りごと、分からないことがあればお気軽にご連絡下さい♪

~~~~~~~~~~~~~~~~
☆これからの住まいの新基準☆
☆「リニュアル仲介」☆
●不動産の資産価値を即座に判断できる面白いアプリ
 セルフインスペクションアプリ「SelFin(セルフィン)
 無料で登録できるので、気軽に遊び感覚で利用してみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~
○●○藤ホーム地所株式会社○●○
・HP:https://fujihomejisho.co.jp/
・高島平本店
 住所:東京都板橋区高島平8-14-1
 Tel: 03-3935-0024
 Fax: 03-3935-6339
・赤塚店
 住所:東京都練馬区田柄2-52-8
 Tel: 03-3930-6441
 Fax: 03-3930-6438
○●○●○●○●○●○●○●○●
この記事を書いた人
遠藤 勝信 エンドウ カツノブ
遠藤 勝信
藤ホーム地所の三代目!?になるかもしれない一般平社員です。 日々、駐車場のゴミ拾いや除草剤の散布、物件を定期的に見回りお部屋の中や共用部の清掃など、雑用から何から何まで様々なことをやっております。 もともと、現場監督をしていたのでフットワークの軽さ、体力に自信がある事はもちろんですが、人とコミュニケーションすることも大好きです。 話は変わりますが、賃貸で思う存分にDIYができたら日々の生活が楽しくなりそうじゃないですか? 現在の賃貸住宅は原状回復義務などの縛りがあり、色々と自由度が低く、全ての人が快適な生活空間で暮らせているのかと考えると疑問が残ります。 また、人口の減少も関わっていると思いますが住戸も余っています。 空室率を改善するために古いアパートを壊し新築マンションを建築することやお部屋の中をキレイにリノベーションするのも良いと思います。 しかし、今ある建物を有効活用して空室率が改善出来たら一番いいですよね? この疑問を解決できる一つの方法としてDIYのできる賃貸、『賃貸DIY』なのではないかと私は思います。 しかし、大家さんにとっても入居者さんにとっても、DIYをやるのって楽しそうだけど何だかハードルが高く感じませんか? そこでこのハードルが低くなり、大家さんと入居者さんがお互いに楽しくなるような賃貸DIYの仕組みを検討しています。 こんなにDIYの話をしていますが、DIYをやることに関しては初心者です。 なので、自分で実際にDIYを行い、DIYの魅力や難しい点などを伝えていきますのでご期待ください。
arrow_upward