9:00-18:00 (日・祝 9:30-18:00)
水曜日、第三火曜日
2016年09月27日
ブログ

新築は資産価値が減りやすい!?

みなさまこんにちわ。

住宅の資産価値は年数が経てば減ることは知っていると思います。

では、新築と中古ではどっちの方が減りやすいのか。

結果を先に言ってしまえば、新築の方が減りやすいと思います。

 

理由の一つ目として、新築マンションなどを販売する業者は「安く作って高く売りたい」が本音です

安く作って高く売れば、その分利益が大きくなるのであたりまえなことですよね。

しかし、これは良いものを安く買いたいと考える購入者の気持ちとは、矛盾していますね。

 

二つ目に、2割は販売管理費と業者の利益です

新築マンションを売るためには多くのお客様への広告が必要です。

立派パンフレットをはじめ、CMから新聞折り込みチラシ、モデルルームの設営、販売員の人件費など、これらがマンション購入価格に含まれています。

なので、2割程度の販売管理費と利益がどうしても必要です。

 

三つ目に、建物には消費税がかかります

不動産業者からの住宅購入の場合、建物価格には消費税が必要です。

マンションの場合、購入価格の7割程度は建物価格と言われています。

 

これらをふまえて、新築マンションの価格構造(「4000万円(税込)のマンション」は

4,000万円=100万円(消費税)+400万円(業務利益)+400万円(販売管理費)+3,,0100万円(築5年未満の周辺物件相場)

※上記の赤い部分が「新築マンションのもったいない」部分です。

 

よって、4,000万円の新築マンションはすぐに900万円の価値が下がります。

土地によっては資産価値の下がりにくい物件もあると思います。

しかし新築の物件には広告費と営業利益などを載せているため、極端に言い方ですが、購入した時点でこれだけの資産価値が下がってしまいます。

 

次回は「建物の資産価値はどれぐらいの期間下がり続けるのか」について書きます。

 

○●○●○藤ホーム地所株式会社○●○●○

・HP:https://fujihomejisho.co.jp/

・高島平本店

 住所:東京都板橋区高島平8-14-1

 Tel: 03-3935-0024

 Fax: 03-3935-6339

・赤塚店

 住所:東京都練馬区田柄2-52-8

 Tel: 03-3930-6441

 Fax: 03-3930-6438

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

arrow_upward