9:00-18:00 (日・祝 9:30-18:00)
水曜日、第三火曜日
2018年07月08日
ブログ

吊戸をDIYで作ってみる! Part2

みなさまこんにちは。

前回のブログでは扉の枠を組み立てて終わりました。

今回はこの枠にアクリル板をはめ込んでいきます。

木枠の開口の大きさに合わせてアクリル板をカット

このアクリルカッターを使ってアクリル板をカットします。
紙などをカットする普段のカッターとは刃先が違っているのが分かると思います。
使い方は刃先のとがった部分をアクリル板に当て、定規などを使ってかき切るように溝を入れていきます。
この溝をいれる作業ですが、一回かき切って溝をいれるだけではカットできませんのでご注意ください。
このアクリルカッターを使ってアクリル板をカットします。 紙などをカットする普段のカッターとは刃先が違っているのが分かると思います。 使い方は刃先のとがった部分をアクリル板に当て、定規などを使ってかき切るように溝を入れていきます。 この溝をいれる作業ですが、一回かき切って溝をいれるだけではカットできませんのでご注意ください。
このアクリルカッターを使ってアクリル板をカットします。
紙などをカットする普段のカッターとは刃先が違っているのが分かると思います。
使い方は刃先のとがった部分をアクリル板に当て、定規などを使ってかき切るように溝を入れていきます。
この溝をいれる作業ですが、一回かき切って溝をいれるだけではカットできませんのでご注意ください。
このアクリルカッターを使ってアクリル板をカットします。 紙などをカットする普段のカッターとは刃先が違っているのが分かると思います。 使い方は刃先のとがった部分をアクリル板に当て、定規などを使ってかき切るように溝を入れていきます。 この溝をいれる作業ですが、一回かき切って溝をいれるだけではカットできませんのでご注意ください。

このアクリルカッターを使ってアクリル板をカットします。

紙などをカットする普段のカッターとは刃先が違っているのが分かると思います。

使い方は刃先のとがった部分をアクリル板に当て、定規などを使ってかき切るように溝を入れていきます。

この溝をいれる作業ですが、一回かき切って溝をいれるだけではカットできませんのでご注意ください。

何回か同じ場所に刃先を入れてかき切り、アクリル板の厚さが残り1/3程度になったら折り割ります。

また、「板の両面に溝を入れたら早くカットできそうじゃん。」と思うかもしれませんが、お互いの切り込み位置がずれる可能性が高いので、片面側のみから溝を入れるのがポイントです。

ホットナイフも使ってアクリル板をカットしてみる

ホットナイフとは、その名の通り、刃先が高熱になりアクリル板を溶かしてカットするイメージです。
プラモデルを作っていた方はお世話になったと思います。
使い方はホットナイフのプラグをコンセントに差し込み、刃先が温まるのを待ちます。
待ち時間としては2~3分ぐらいでした。
刃先が高熱になったらカットに作業に移ります。
ホットナイフとは、その名の通り、刃先が高熱になりアクリル板を溶かしてカットするイメージです。 プラモデルを作っていた方はお世話になったと思います。 使い方はホットナイフのプラグをコンセントに差し込み、刃先が温まるのを待ちます。 待ち時間としては2~3分ぐらいでした。 刃先が高熱になったらカットに作業に移ります。
ホットナイフとは、その名の通り、刃先が高熱になりアクリル板を溶かしてカットするイメージです。
プラモデルを作っていた方はお世話になったと思います。
使い方はホットナイフのプラグをコンセントに差し込み、刃先が温まるのを待ちます。
待ち時間としては2~3分ぐらいでした。
刃先が高熱になったらカットに作業に移ります。
ホットナイフとは、その名の通り、刃先が高熱になりアクリル板を溶かしてカットするイメージです。 プラモデルを作っていた方はお世話になったと思います。 使い方はホットナイフのプラグをコンセントに差し込み、刃先が温まるのを待ちます。 待ち時間としては2~3分ぐらいでした。 刃先が高熱になったらカットに作業に移ります。

ホットナイフとは、その名の通り、刃先が高熱になりアクリル板を溶かしてカットするイメージです。

プラモデルを作っていた方はお世話になったと思います。

使い方はホットナイフのプラグをコンセントに差し込み、刃先が温まるのを待ちます。

待ち時間としては2~3分ぐらいでした。

刃先が高熱になったらカットに作業に移ります。

刃先はかなり高熱になっているので、作業の際はやけどにご注意下さい。

どんな感じにカットできるのかというと、サクサクとカットできる訳ではありませんでした。

アクリル板を溶かしながらカットしていくので、思っていたよりもカットのスピードはゆっくりです。

板厚によってはサクサクできるかもしれませんが。

ちなみに今回使用したアクリル板の厚さは3mmです。

アクリルカッターとホットカッターの切り口は?

ホットカッターの切り口は、高熱によってカットするため焦げた部分ができてしまいました。
アクリルカッターの切り口は、溝を作って折り割るのでキレイです。
切り口をキレイに仕上げたければアクリルカッターを使うのが良いでしょう。
アクリルカッターの切り口
ホットカッターの切り口は、高熱によってカットするため焦げた部分ができてしまいました。 アクリルカッターの切り口は、溝を作って折り割るのでキレイです。 切り口をキレイに仕上げたければアクリルカッターを使うのが良いでしょう。
ホットカッターの切り口は、高熱によってカットするため焦げた部分ができてしまいました。
アクリルカッターの切り口は、溝を作って折り割るのでキレイです。
切り口をキレイに仕上げたければアクリルカッターを使うのが良いでしょう。
ホットカッターの切り口
ホットカッターの切り口は、高熱によってカットするため焦げた部分ができてしまいました。 アクリルカッターの切り口は、溝を作って折り割るのでキレイです。 切り口をキレイに仕上げたければアクリルカッターを使うのが良いでしょう。

ホットカッターの切り口は、高熱によってカットするため焦げた部分ができてしまいました。

アクリルカッターの切り口は、溝を作って折り割るのでキレイです。

切り口をキレイに仕上げたければアクリルカッターを使うのが良いでしょう。

また、作業性に関しては、アクリルカッターは板を一直線にカットするような大きな部分に適していて、ホットカッターは曲線や、あと板を数ミリだけ落したいなどの細かい部分に適していると感じました。

これは参考までにと思います。

角材を木枠の内側に取り付ける

角材に木工用ボンドを付けて、木枠の内側に取り付けます。
角材に木工用ボンドを付けて、木枠の内側に取り付けます。
角材に木工用ボンドを付けて、木枠の内側に取り付けます。
角材に木工用ボンドを付けて、木枠の内側に取り付けます。
角材に木工用ボンドを付けて、木枠の内側に取り付けます。
角材に木工用ボンドを付けて、木枠の内側に取り付けます。
角材に木工用ボンドを付けて、木枠の内側に取り付けます。
角材に木工用ボンドを付けて、木枠の内側に取り付けます。

角材に木工用ボンドを付けて、木枠の内側に取り付けます。

クランプがあればよかったのですが…

ボンドが乾くまで固定しておくクランプがあれば良かったのですが、なかったのでマスキングテープをグルグル巻きにして固定します。
ボンドが乾くまで固定しておくクランプがあれば良かったのですが、なかったのでマスキングテープをグルグル巻きにして固定します。
ボンドが乾くまで固定しておくクランプがあれば良かったのですが、なかったのでマスキングテープをグルグル巻きにして固定します。
ボンドが乾くまで固定しておくクランプがあれば良かったのですが、なかったのでマスキングテープをグルグル巻きにして固定します。

ボンドが乾くまで固定しておくクランプがあれば良かったのですが、なかったのでマスキングテープをグルグル巻きにして固定します。

最後の仕上げ

最初に取り付けた角材のボンドが乾いたら、アクリル板を木枠にはめ込み、その上から角材で同じように固定すれば完成です。
最初に取り付けた角材のボンドが乾いたら、アクリル板を木枠にはめ込み、その上から角材で同じように固定すれば完成です。
最初に取り付けた角材のボンドが乾いたら、アクリル板を木枠にはめ込み、その上から角材で同じように固定すれば完成です。
最初に取り付けた角材のボンドが乾いたら、アクリル板を木枠にはめ込み、その上から角材で同じように固定すれば完成です。
最初に取り付けた角材のボンドが乾いたら、アクリル板を木枠にはめ込み、その上から角材で同じように固定すれば完成です。

扉が完成!

こんな感じで完成です。
自分で言うのもなんですが、良い感じに仕上がっています。
今回はこれ以上何もしませんが、もし更にカスタマイズしたければ、木枠にオイルステインなどの塗装をするのも良いですし、アクリル板にステンドグラス風のフィルムシートを貼ってみるのも良いかもしれません。
こんな感じで完成です。 自分で言うのもなんですが、良い感じに仕上がっています。 今回はこれ以上何もしませんが、もし更にカスタマイズしたければ、木枠にオイルステインなどの塗装をするのも良いですし、アクリル板にステンドグラス風のフィルムシートを貼ってみるのも良いかもしれません。
こんな感じで完成です。
自分で言うのもなんですが、良い感じに仕上がっています。
今回はこれ以上何もしませんが、もし更にカスタマイズしたければ、木枠にオイルステインなどの塗装をするのも良いですし、アクリル板にステンドグラス風のフィルムシートを貼ってみるのも良いかもしれません。
こんな感じで完成です。 自分で言うのもなんですが、良い感じに仕上がっています。 今回はこれ以上何もしませんが、もし更にカスタマイズしたければ、木枠にオイルステインなどの塗装をするのも良いですし、アクリル板にステンドグラス風のフィルムシートを貼ってみるのも良いかもしれません。

こんな感じで完成です。

自分で言うのもなんですが、良い感じに仕上がっています。

今回はこれ以上何もしませんが、もし更にカスタマイズしたければ、木枠にオイルステインなどの塗装をするのも良いですし、アクリル板にステンドグラス風のフィルムシートを貼ってみるのも良いかもしれません。

また、この吊戸DIYはまだ完成してないのですが、他のDIYで先にやってみたいモノできたので一時中断します。

誠に勝手ながら申し訳ございません。

この作業の続きはいずれやりますので少々お待ち下さい。

 

次回に続きます。

♪お住まいのお困りごと、分からないことがあればお気軽にご連絡下さい♪

~~~~~~~~~~~~~~~~
☆これからの住まいの新基準☆
☆「リニュアル仲介」☆
●不動産の資産価値を即座に判断できる面白いアプリ
 セルフインスペクションアプリ「SelFin(セルフィン)
 無料で登録できるので、気軽に遊び感覚で利用してみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~
○●○藤ホーム地所株式会社○●○
・HP:https://fujihomejisho.co.jp/
・高島平本店
 住所:東京都板橋区高島平8-14-1
 Tel: 03-3935-0024
 Fax: 03-3935-6339
・赤塚店
 住所:東京都練馬区田柄2-52-8
 Tel: 03-3930-6441
 Fax: 03-3930-6438
○●○●○●○●○●○●○●○●
この記事を書いた人
遠藤 勝信 エンドウ カツノブ
遠藤 勝信
藤ホーム地所の三代目!?になるかもしれない一般平社員です。 日々、駐車場のゴミ拾いや除草剤の散布、物件を定期的に見回りお部屋の中や共用部の清掃など、雑用から何から何まで様々なことをやっております。 もともと、現場監督をしていたのでフットワークの軽さ、体力に自信がある事はもちろんですが、人とコミュニケーションすることも大好きです。 話は変わりますが、賃貸で思う存分にDIYができたら日々の生活が楽しくなりそうじゃないですか? 現在の賃貸住宅は原状回復義務などの縛りがあり、色々と自由度が低く、全ての人が快適な生活空間で暮らせているのかと考えると疑問が残ります。 また、人口の減少も関わっていると思いますが住戸も余っています。 空室率を改善するために古いアパートを壊し新築マンションを建築することやお部屋の中をキレイにリノベーションするのも良いと思います。 しかし、今ある建物を有効活用して空室率が改善出来たら一番いいですよね? この疑問を解決できる一つの方法としてDIYのできる賃貸、『賃貸DIY』なのではないかと私は思います。 しかし、大家さんにとっても入居者さんにとっても、DIYをやるのって楽しそうだけど何だかハードルが高く感じませんか? そこでこのハードルが低くなり、大家さんと入居者さんがお互いに楽しくなるような賃貸DIYの仕組みを検討しています。 こんなにDIYの話をしていますが、DIYをやることに関しては初心者です。 なので、自分で実際にDIYを行い、DIYの魅力や難しい点などを伝えていきますのでご期待ください。
arrow_upward