9:00-18:00 (日・祝 9:30-18:00)
水曜日、第三火曜日
2017年06月13日
ブログ

換気!除湿!掃除!

みなさまこんにちは。

今日の高島平は霧雨が降り寒いです。

6月7日に関東甲信地方の梅雨入りが発表されました。

天気予報ではまだまとまって雨が降る日はありません。

今のうちに梅雨のカビ対策の基本をご紹介いたします。

カビ対策の基本

梅雨の時期は、カビの繁殖に適した環境が整っています。

カビが育つのに必要な要素は「温度」、「湿度」、「栄養分」、「酸素」と言われています。

この要素を断ち切ってしまえば、カビの繁殖は防げます。

お部屋の中でこの条件が揃いやすいのが、お風呂やキッチン、押入やクローゼットなどです。

ここでは当たり前のことですが、再確認もこめてカビを防ぐためのポイントを紹介いたします。

換気

この時期はお部屋の中の空気を循環させることが大切です。

循環させるといっても窓を閉め切った状態で空気を循環させても意味がありません。

お部屋の風通しを良くするために、窓やドアを開け空気の通り道を確保します。

ここでちょっと細かなポイントがあります。

換気扇がある場合、換気扇から最も離れている窓を約15cmぐらい開けるのが、もっとも効率的な方法と考えられています。

お部屋に換気扇がない場合は、15cm開けた窓と別の窓を開けて空気の通り道を作ります。

雨の日に換気をする場合には、窓やドアは開けず扇風機や換気扇で空気を循環させ、除湿器やエアコンの除湿機能を使うと効率的に換気できます。

除湿

梅雨の時期といえば、じめじめとした湿気があります。

カビはこれが大好物です。

なので湿度を上手にコントロールしてカビの発生リスクを抑えましょう。

カビは湿度が約70%ぐらいになると繁殖しやすくなります。

そこで、湿度を約60%~65%にキープするのが大切です。

人間は、約70%以上超えると湿度が高いと感じると言われています。

これを目安にしても良いと思いますが、人によって感覚が違うと思うので市販の湿度計をお部屋の数か所に用意して、こまめにチェックすることが大切です。

掃除

日ごろからこまめな掃除を行うことでカビの発生を防げます。

私たちの日常生活で出る食べこぼし、手垢、ほこりなどがカビの栄養分になります。

掃除をこまめにやるのは確かに大変です。

それなりに汚れてからまとめて掃除をすればいいやと思いますが、そこでカビ取り用の洗剤を使用しても十分にカビは落せず、表面の汚れにその洗浄力を使ってしまします。

お風呂、洗面台やキッチンはお部屋の中で最もカビが繁殖しやすいので、早めに汚れを落とし、水滴や結露などの水分はなるべく早くふき取りましょう。

 

以上がカビ対策における基本でした。

知っている方も多いとは思いますが、宜しければこれからの時期のご参考にしてください。

♪お住まいのお困りごと、分からないことがあればお気軽にご連絡下さい♪

~~~~~~~~~~~~~~~~
☆賃貸物件をお探しのお客様へ☆
現在、6月末までのキャンペーンもやっています。
①当社ホームページをご覧になって、ご内見して頂いたお客様に【クオカード¥500円分】をプレゼント!
②単身物件ご成約のお客様に【¥5,000円】のキャッシュバック!
③ファミリー物件ご成約のお客様に【¥10,000円】のキャッシュバック!
~~~~~~~~~~~~~~~~
☆これからの住まいの新基準☆
☆「リニュアル仲介」☆
●不動産の資産価値を即座に判断できる面白いアプリ
 セルフインスペクションアプリ「SelFin(セルフィン)
 無料で登録できるので、気軽に遊び感覚で利用してみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~
○●○藤ホーム地所株式会社○●○
・HP:https://fujihomejisho.co.jp/
・高島平本店
 住所:東京都板橋区高島平8-14-1
 Tel: 03-3935-0024
 Fax: 03-3935-6339
・赤塚店
 住所:東京都練馬区田柄2-52-8
 Tel: 03-3930-6441
 Fax: 03-3930-6438
○●○●○●○●○●○●○●○●
この記事を書いた人
遠藤 勝信 エンドウ カツノブ
遠藤 勝信
藤ホーム地所の三代目!?になるかもしれない一般平社員です。 日々、駐車場のゴミ拾いや除草剤の散布、物件を定期的に見回りお部屋の中や共用部の清掃など、雑用から何から何まで様々なことをやっております。 もともと、現場監督をしていたのでフットワークの軽さ、体力に自信がある事はもちろんですが、人とコミュニケーションすることも大好きです。 話は変わりますが、賃貸で思う存分にDIYができたら日々の生活が楽しくなりそうじゃないですか? 現在の賃貸住宅は原状回復義務などの縛りがあり、色々と自由度が低く、全ての人が快適な生活空間で暮らせているのかと考えると疑問が残ります。 また、人口の減少も関わっていると思いますが住戸も余っています。 空室率を改善するために古いアパートを壊し新築マンションを建築することやお部屋の中をキレイにリノベーションするのも良いと思います。 しかし、今ある建物を有効活用して空室率が改善出来たら一番いいですよね? この疑問を解決できる一つの方法としてDIYのできる賃貸、『賃貸DIY』なのではないかと私は思います。 しかし、大家さんにとっても入居者さんにとっても、DIYをやるのって楽しそうだけど何だかハードルが高く感じませんか? そこでこのハードルが低くなり、大家さんと入居者さんがお互いに楽しくなるような賃貸DIYの仕組みを検討しています。 こんなにDIYの話をしていますが、DIYをやることに関しては初心者です。 なので、自分で実際にDIYを行い、DIYの魅力や難しい点などを伝えていきますのでご期待ください。
arrow_upward