9:00-18:00 (日・祝 9:30-18:00)
水曜日、第三火曜日
2017年07月08日
ブログ

雑草の力って凄いですよね

みなさまこんにちは。

この時期の雑草の伸びるスピードは尋常じゃないぐらい早いです。

なので管理している物件や駐車場が雑草だらけにならないように、日々格闘しております。

希釈タイプの除草剤はコスパが高い!

この時期の悩みは、ジメジメした湿気や暑さもありますが雑草も悩みの種であります。

雨も多い時期なので一ヶ月も放置しておけば、かなり成長します。

雑草は根から除去しなければならないので、手作業でやるとなるとかなり体力が入ります。

駐車場ともなると、小さい所から大きい所まであるので体がいくつあっても足りません。

 

そんな時は除草剤の出番です。

除草剤には液体タイプとと顆粒タイプがあります。

私は基本的に液体タイプを使っています。

液体タイプの良い所は、即効性があって部分的に除去したい場合に役に立ちます。

しかし、液体がかかった部分しか枯れなく効果が続かないので、雑草が生えてきたらまた散布するようになります。

液体タイプにも2種類あって、原液を薄めるタイプと薄めないタイプがあります。

薄めないタイプはジョウロなどに入れてすぐに散布することができるのでかなり楽です。

原液を薄めるタイプは、水を足して薄める作業があるので少し手間がかかりますがかなり広い範囲に散布することができます。

原液を薄めるタイプと薄めないタイプでは、散布できる範囲がかなり変わってくるので、少し手間がかかっても大丈夫な方は薄めるタイプがおススメです。

コスパも良いですし。

 

散布する際に特に気を付けなければならないことは、近隣の方への配慮です。

近隣の方が大切に育てている植物などにかかってしまったら、枯れてしまいます。

また、ガーデニングや家庭菜園を自分で楽しまれている方も同じです。

その様な場合は手作業で除去するのが一番安全です。

 

そして、天気も重要です。

液体タイプの場合、散布した後に雨が降ってしまうと薬が雑草から洗い流されてしまい、効果が薄れてしまします。

なので、取扱い説明書などに6時間以内に雨が降った場合は効果が薄れますなどと書いてあります。

 

雑草の除去に悩んでいる方は、除草剤の力を借りてみるのも良いのかもしれません。

手作業と比べると時間も短縮できますし疲れません。

しかし、除草剤を使う際は周囲の環境を見極めた上で使うことが何よりも大切です。

もし無害でやるとしたら、時間はかかりますが雑草に熱湯をかけるか、臭いが気になるかもしれませんが木酢液を使うやり方もあるみたいです。

宜しければご参考にしてください。

♪お住まいのお困りごと、分からないことがあればお気軽にご連絡下さい♪

~~~~~~~~~~~~~~~~
☆賃貸物件をお探しのお客様へ☆
現在、7月末までのキャンペーンもやっています。
①当社ホームページをご覧になって、ご内見して頂いたお客様に【クオカード¥500円分】をプレゼント!
②単身物件ご成約のお客様に【¥5,000円】のキャッシュバック!
③ファミリー物件ご成約のお客様に【¥10,000円】のキャッシュバック!
~~~~~~~~~~~~~~~~
☆これからの住まいの新基準☆
☆「リニュアル仲介」☆
●不動産の資産価値を即座に判断できる面白いアプリ
 セルフインスペクションアプリ「SelFin(セルフィン)
 無料で登録できるので、気軽に遊び感覚で利用してみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~
○●○藤ホーム地所株式会社○●○
・HP:https://fujihomejisho.co.jp/
・高島平本店
 住所:東京都板橋区高島平8-14-1
 Tel: 03-3935-0024
 Fax: 03-3935-6339
・赤塚店
 住所:東京都練馬区田柄2-52-8
 Tel: 03-3930-6441
 Fax: 03-3930-6438
○●○●○●○●○●○●○●○●
この記事を書いた人
遠藤 勝信 エンドウ カツノブ
遠藤 勝信
いずれ藤ホーム地所の三代目!?になるかもしれない一般平社員です。 日々、駐車場のゴミ拾いや除草剤の散布、定期的に管理物件を見回ってお部屋の中や共用部の清掃、細かい雑用作業などをやっております。 最近では、大工作業等にはまっており、自分で室内の建具を作ってみたり、壁などを塗装してみたりと不動産屋らしからぬことをしています。 がらっと話は変えていきますが、賃貸住宅でDIYやちょっとしたカスタマイズが自分でお気軽にできたらどうでしょうか? 日々の生活がちょっと楽しくなりそうじゃないですか? とはいっても、大体の賃貸住宅には原状回復義務などの縛りがあり、お気軽にカスタマイズもできず、生活する上で息苦しさを感じます。 また、人口減少の影響もあって住戸も余っている状態です。 賃貸住宅においては空き部屋がどんどん増えていく状況になっています。 そんな空き部屋をなくすために古いアパートなどを壊して新築のマンションを建てることや、お部屋の中をキレイにリノベーションするのも良いと思います。 しかし、今ある建物やお部屋を有効活用して空き部屋がなくなれば一番いいですよね? この疑問を解決できる一つの方法として、住む人がお部屋を『DIYやカスタマイズできる賃貸』なのではないかと私は考えています。 しかし、大家さんにとっても入居者さんにとっても、DIYやらせてあげるのと実際にやるのって、何だかハードルが高く感じませんか? 私はこのハードルが低くなり、大家さんと入居者さんがお互いに楽しくなるような賃貸DIYの仕組みを検討しています。 こんなにDIYの話をしていますが、DIYをやることに関しては初心者です。 そこで自分で実際にDIYを行い、DIYの魅力や難しい点などを伝えていきますのでご参考にしていただければと思います。
arrow_upward