9:00-18:00 (日・祝 9:30-18:00)
水曜日、第三火曜日
2017年12月01日
ブログ

ここ最近、生産緑地って耳にしませんか?

みなさまこんにちは。

不動産の2022年問題について騒がしくなっていませんか。

その原因として生産緑地が絡んでいます。

まずは生産緑地とは何なのかを説明いたします。

生産緑地とは?

●良好な生活環境の確保に相当の効果があり、公共施設等の敷地に供する用地として適している

●500㎡以上の面積を有する

●農林業の継続が可能な条件を備えている

こんな感じです。

生産緑地の指定を受けると所有者は建築物を建てるなどの行為が制限され、農地としての管理が求められます。

これにより農業を楽しんでいる人達もいます。

なぜ生産緑地という土地ができたのか?

これは不動産のバブル期までさかのぼります。

不動産バブル期には地価が高騰して、政府が宅地の供給を増やすために農地への課税を強化しました。

これにより、農地がそれ以前の数十倍以上という課税により地主が土地を手放すように促したのです。

今までの数十倍の課税をされたらどう思いますか?

必然と売りたくなりますよね。

そして、多くの農地が宅地に変わったようです。

 

しかし、農業を続けたいという地主もいました。

政府がその人達のために配慮して、原則、生きている限りは30年間、農地のままとすることを条件に宅地並みの課税を回避できるようにしました。

この条件をのんで、指定された土地が生産緑地になります。

 

そして、『生きている限りは30年間』の終わりが2022年に当たるのです。

続きは次回に続きます。

♪お住まいのお困りごと、分からないことがあればお気軽にご連絡下さい♪

~~~~~~~~~~~~~~~~
☆これからの住まいの新基準☆
☆「リニュアル仲介」☆
●不動産の資産価値を即座に判断できる面白いアプリ
 セルフインスペクションアプリ「SelFin(セルフィン)
 無料で登録できるので、気軽に遊び感覚で利用してみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~
○●○藤ホーム地所株式会社○●○
・HP:https://fujihomejisho.co.jp/
・高島平本店
 住所:東京都板橋区高島平8-14-1
 Tel: 03-3935-0024
 Fax: 03-3935-6339
・赤塚店
 住所:東京都練馬区田柄2-52-8
 Tel: 03-3930-6441
 Fax: 03-3930-6438
○●○●○●○●○●○●○●○●
この記事を書いた人
遠藤 勝信 エンドウ カツノブ
遠藤 勝信
いずれ藤ホーム地所の三代目!?になるかもしれない一般平社員です。 日々、駐車場のゴミ拾いや除草剤の散布、定期的に管理物件を見回ってお部屋の中や共用部の清掃、細かい雑用作業などをやっております。 最近では、ものづくりにはまっており、自分で室内の建具を作ってみたり、壁などを塗装してみたりと不動産屋らしからぬことをしています。 がらっと話は変えますが、賃貸住宅でDIYやちょっとしたカスタマイズが自分でお気軽にできたらどうでしょうか? 日々の生活がちょっと楽しくなりそうじゃないですか? とはいっても、大体の賃貸住宅には原状回復義務などの縛りがあり、お気軽にカスタマイズもできず、生活する上で息苦しさを感じます。 また、人口減少の影響もあって住戸も余っている状態です。 賃貸住宅においては空き部屋がどんどん増えていく状況になっています。 そんな空き部屋をなくすために古いアパートなどを壊して新築のマンションを建てることや、お部屋の中をキレイにリノベーションするのも良いと思います。 しかし、今ある建物やお部屋を有効活用して空き部屋がなくなれば一番いいですよね? この疑問を解決できる一つの方法として、住む人がお部屋を『DIYやカスタマイズできる賃貸』なのではないかと私は考えています。 しかし、大家さんにとっても入居者さんにとっても、DIYやらせてあげるのと実際にやるのって、何だかハードルが高く感じませんか? 私はこのハードルが低くなり、大家さんと入居者さんがお互いに楽しくなるような賃貸DIYの仕組みを検討しています。
arrow_upward