9:00-18:00 (日・祝 9:30-18:00)
水曜日、第三火曜日
2018年05月22日
ブログ

畳だった和室をDIYでフローリングに変える! ~おわり~

みなさまこんにちは。

前回のブログでは、フローリング材の貼り始めで終わってしまいました。

今回は完成まで行きたいと思います。

あとは同じ作業の繰り返し

接着剤をフローリング材に塗布して

フローリング材を貼って

インパクトドライバーでビス止め

仮並べの際にフローリング材をカットしたので、あとの作業は単純です。

フローリング材に接着剤を塗布して、それを貼って、フロアー用ビスを打ちつけて固定する。

この作業の繰り返しです。

実際にやってみると、思っていたよりも難しい作業ではなく慣れてくるとテンポ良く貼れます。

三人で作業を分担してやったので、意外と早く貼れました。

こんなこともあるので気をつけて!笑

なぜか靴下が一つ落ちています。

これはただ単に落ちているのではなく、床に貼りついているのです。

フローリング材からはみ出ていた接着剤を踏んでいるのに気がつかず、そのまま歩きこうなりました。

DIY作業中は何が起こるか分かりません。

みなさまもご注意ください。

何か黄色いモノが床から飛び出てない?

フローリング材から黄色い帯状のモノが飛び出ているのが分かるかと思います。

『これは何っ?』と思う方もいると思います。

これは「PPバンド」と呼ばれているモノです。

これは本来、荷物をまとめる際に使われるプラスチック製のバンドです。

なぜこのバンドをここで使うのか?

前にも説明しましたが、無垢材は室内環境によって伸縮します。

なので、この部分にもほんの少し隙間を設けるためにPPバンドを挟みます。

この隙間は0.2mm程度です。

しかし、このPPバンドを使うのにも注意点があります。

まず、湿度の低い冬場(10月~4月)は必ずこのPPバンドなどのスペーサーを使用して0.2mm程度の余裕をもたせます。

そして、湿度の高い夏場(5月~9月)は締め上げずに軽くサネを合わせるだけです。

この時期についてはあくまでも目安なので、作業する場所の室内環境やフローリング材の樹種によっても変るので、ご参考までにと思います。

私たちが作業した日は4月の終わりでしたが、少し肌寒かったのでこのPPバンドを使いました。

そして最後の列は

フローリングの貼る最後の列は、どうしても中途半端な幅になってしまいます。

なので、最後の列の幅を測ってカットしてはめ込みます。

ここではフロアー用ビスが打ち込めないので、接着剤と仮止め釘で固定します。

接着剤が乾いたら仮止め釘を抜く

接着剤が乾いたら、ペンチなどを使って仮止め釘を抜きます。

抜いてみると小さな穴ができています。

部屋の目立つ部分にあるわけではないので、そこまで気になりません。

もし気になるようであれば、この穴を埋めればいいのです。

やり方としては、作業で余ったフローリング材の表面を120番のサンドペーパーで削って木くずを作ります。

この木くずを穴の中に入れて、その上にアロンアルファなどの瞬間接着剤を垂らし、サンドペーパーでこすれば完成です。

もし、この作業だけで穴が埋まりきらなければ、もう一度同じ工程を繰り返して下さい。

DIYでフローリング貼りの完成です!

これでフローリング貼りの完成です。

今回このDIYをやってみて、難しいと思われるフローリング貼りもやってみればできてしましました。

ちなみに前回の天井DIYよりも楽でした。

細かい所までキレイにできているかと言われたら疑問が残りますが、普通に生活をする分には気にならないと思います。

実際に完成してみると室内空間がガラッと変わり、ほのかに杉の香りが漂っていて良い感じです。

かなり満足な仕上がりになっています。

終わったあとの達成感があるのはもちろんなんですが、ここまでくる作業過程もとても面白く楽しかったです。

どうやって上手く納めるかを頭で考えて、実際に手を動かして形にする。

これだけでも面白いのですが、やはり一緒に作業する仲間と意見を交わしながらワイワイやるのがとても楽しいです。

DIYは人と人とのコミュニケーションツールとしても、とても素晴らしいモノと感じました。

 

次やるDIYは検討中です。

近いうちにまた何かやりますので少々お待ちください。

♪お住まいのお困りごと、分からないことがあればお気軽にご連絡下さい♪

~~~~~~~~~~~~~~~~
☆これからの住まいの新基準☆
☆「リニュアル仲介」☆
●不動産の資産価値を即座に判断できる面白いアプリ
 セルフインスペクションアプリ「SelFin(セルフィン)
 無料で登録できるので、気軽に遊び感覚で利用してみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~
○●○藤ホーム地所株式会社○●○
・HP:https://fujihomejisho.co.jp/
・高島平本店
 住所:東京都板橋区高島平8-14-1
 Tel: 03-3935-0024
 Fax: 03-3935-6339
・赤塚店
 住所:東京都練馬区田柄2-52-8
 Tel: 03-3930-6441
 Fax: 03-3930-6438
○●○●○●○●○●○●○●○●
この記事を書いた人
遠藤 勝信 エンドウ カツノブ
遠藤 勝信
いずれ藤ホーム地所の三代目!?になるかもしれない一般平社員です。 日々、駐車場のゴミ拾いや除草剤の散布、定期的に管理物件を見回ってお部屋の中や共用部の清掃、細かい雑用作業などをやっております。 最近では、大工作業等にはまっており、自分で室内の建具を作ってみたり、壁などを塗装してみたりと不動産屋らしからぬことをしています。 がらっと話は変えていきますが、賃貸住宅でDIYやちょっとしたカスタマイズが自分でお気軽にできたらどうでしょうか? 日々の生活がちょっと楽しくなりそうじゃないですか? とはいっても、大体の賃貸住宅には原状回復義務などの縛りがあり、お気軽にカスタマイズもできず、生活する上で息苦しさを感じます。 また、人口減少の影響もあって住戸も余っている状態です。 賃貸住宅においては空き部屋がどんどん増えていく状況になっています。 そんな空き部屋をなくすために古いアパートなどを壊して新築のマンションを建てることや、お部屋の中をキレイにリノベーションするのも良いと思います。 しかし、今ある建物やお部屋を有効活用して空き部屋がなくなれば一番いいですよね? この疑問を解決できる一つの方法として、住む人がお部屋を『DIYやカスタマイズできる賃貸』なのではないかと私は考えています。 しかし、大家さんにとっても入居者さんにとっても、DIYやらせてあげるのと実際にやるのって、何だかハードルが高く感じませんか? 私はこのハードルが低くなり、大家さんと入居者さんがお互いに楽しくなるような賃貸DIYの仕組みを検討しています。 こんなにDIYの話をしていますが、DIYをやることに関しては初心者です。 そこで自分で実際にDIYを行い、DIYの魅力や難しい点などを伝えていきますのでご参考にしていただければと思います。
arrow_upward