9:00-18:00 (日・祝 9:30-18:00)
水曜日、第三火曜日
2018年08月12日
ブログ

襖(ふすま)リメイクを再チャレンジ!   Part 1

みなさまこんにちは。

前回のDIYは襖リメイクをしましたが、自分たちの中でちょっと作るのにイマイチに思う点がありました。

そこで、今回はもう少し仕上げの精度を上げるのと、もうちょっと作りやすくできないか検討して再チャレンジしてみました。

今回は天袋の襖を使用する

前回は押入の襖をリメイクしましたが、今回は少し小さい天袋の襖を使ってリメイクしていきたいと思います。

天袋の襖も押入の襖と構造は同じで、ダンボールで作られていました。

早速、解体!

バールとハンマーを使って、襖の化粧縁と引手を解体します。

ダンボール襖をカット

墨ツボを使って墨を出し、カッターを使ってカットします。

薄ベニヤをカット

薄ベニヤ(厚み=2.5mm)もカットしていきます。

今回は丸ノコを使わずに、カッターを使ってカットしてみました。

この厚みのベニヤ板なら、カッターで何回か切れ込みを入れるとカットすることができます。

丸ノコに比べて作業効率は悪くなりますが、カットした断面はキレイになりました。

木枠となる木材をカット

2×4材用の切断ガイドを使って木材をカットします。

このガイドは45°、90°、67.5°など角度で木材を斜めにカットすることもできます。

今回は2×4材ではないですが、このガイドに木材をはめてカットしてみるとキレイにカットすることができました。

コーナークランプを使って木材を固定する

前回はこのコーナークランプを使いませんでしたが、今回は使ってみました。

このクランプを使うのと使わないとでは仕上がりも作業効率も違いました。

木材がしっかりと90°に固定されてビスも打ち込みやすくなります。

お値段も1600円ぐらいとそこまで高くないので、お気軽に買えるアイテムであると思います。

ビスを打ち込むために下穴をあける

ビスを打ち込む前に下穴をあけてあげます。

ひと手間かかりますが、こうすることでビスを打ち込む際に木材が割れにくくなります。

ちなみに下穴の大きさは使うビスの径より少し細いぐらいで、下穴の深さはビスの長さと同じか少し短いぐらいが目安です。

もし下穴をあけるのが面倒に感じるなら、木材が割れにくいビスも売っているのでそれを使用するのが楽だと思います。

 

次回に続きます。

♪お住まいのお困りごと、分からないことがあればお気軽にご連絡下さい♪

~~~~~~~~~~~~~~~~
☆これからの住まいの新基準☆
☆「リニュアル仲介」☆
●不動産の資産価値を即座に判断できる面白いアプリ
 セルフインスペクションアプリ「SelFin(セルフィン)
 無料で登録できるので、気軽に遊び感覚で利用してみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~
○●○藤ホーム地所株式会社○●○
・HP:https://fujihomejisho.co.jp/
・高島平本店
 住所:東京都板橋区高島平8-14-1
 Tel: 03-3935-0024
 Fax: 03-3935-6339
・赤塚店
 住所:東京都練馬区田柄2-52-8
 Tel: 03-3930-6441
 Fax: 03-3930-6438
○●○●○●○●○●○●○●○●
この記事を書いた人
遠藤 勝信 エンドウ カツノブ
遠藤 勝信
藤ホーム地所の三代目!?になるかもしれない一般平社員です。 日々、駐車場のゴミ拾いや除草剤の散布、物件を定期的に見回りお部屋の中や共用部の清掃など、雑用から何から何まで様々なことをやっております。 もともと、現場監督をしていたのでフットワークの軽さ、体力に自信がある事はもちろんですが、人とコミュニケーションすることも大好きです。 話は変わりますが、賃貸で思う存分にDIYができたら日々の生活が楽しくなりそうじゃないですか? 現在の賃貸住宅は原状回復義務などの縛りがあり、色々と自由度が低く、全ての人が快適な生活空間で暮らせているのかと考えると疑問が残ります。 また、人口の減少も関わっていると思いますが住戸も余っています。 空室率を改善するために古いアパートを壊し新築マンションを建築することやお部屋の中をキレイにリノベーションするのも良いと思います。 しかし、今ある建物を有効活用して空室率が改善出来たら一番いいですよね? この疑問を解決できる一つの方法としてDIYのできる賃貸、『賃貸DIY』なのではないかと私は思います。 しかし、大家さんにとっても入居者さんにとっても、DIYをやるのって楽しそうだけど何だかハードルが高く感じませんか? そこでこのハードルが低くなり、大家さんと入居者さんがお互いに楽しくなるような賃貸DIYの仕組みを検討しています。 こんなにDIYの話をしていますが、DIYをやることに関しては初心者です。 なので、自分で実際にDIYを行い、DIYの魅力や難しい点などを伝えていきますのでご期待ください。
arrow_upward