9:00-18:00 (日・祝 9:30-18:00)
水曜日、第三火曜日
2019年02月17日
ブログ

部屋探しのアドバイス~Vol.13~

みなさまこんにちは。

少しでもみなさまのお役に立てればと思い『部屋探しのアドバイス』についてご紹介します。

前回の『ブログ』の続きです。

入居時期についても検討してみましょう。

入居時期(賃料発生日)はいつ?

内見をして、もし自分の希望条件に合った部屋がだった場合、申込書を書かせてもらいましょう。

自分の気に入った部屋だとしても冷静になって検討したければ、一度、家に持ち帰って書くのがいいでしょう。

しかし、すぐにでも契約をしたいと思えば不動産屋さんに戻って申込書を書きましょう。

この申込書には自分の個人情報や入居時期などを記載します。

申込書を書いて提出すれば、次は入居審査に移っていきます。

ちなみに申込書を入れて審査している間は、契約をする前提で部屋をおさえてあります。

言い換えれば、何か物を買うのに予約した感じと同じです。

この部屋をおさえることは電話連絡や口頭だけではできないのでご注意ください。

紹介してくれた不動産会社に申込書を提出して初めて申込となり、お部屋をおさえることができます。

部屋をおさえてしまえば、自分の審査中に気に入ったお部屋を他人に取られる心配はありません。

前置きが長くなりましたが、この申込書を書く上で考えなければならないのが入居時期(賃料発生日)についてです。

 

申込書を提出してから入居時期はどれぐらいの日数を伸ばせるのでしょうか?

これは部屋と入居する時期にもよりますが、申込書を提出してから長くても1ヶ月程度なら伸ばせる可能性があります。

しかし、2~3月の引っ越しシーズンの時期だと、早めの入居時期をお願いされる場合もあります。

なので、紹介してもらった不動産屋さんに最大どれぐらいまで入居時期を伸ばせるか聞いてみましょう。

これが分かれば、引っ越しするまでの計画が逆算できるので計画的に先の予定が組めます。

 

他にも注意しなければならないことがあります。

現在、賃貸住宅に住んでいる方の場合、新しい部屋の入居日と今住んでいる部屋の退去日の時期を間違えると大変なことになるで気を付けましょう。

例えば、「新しいお部屋に入居するのはまだ1週間先だけど、今のお部屋は明日退去しなければならない!」なんてこともあったりします。

こうなった場合、本当に最悪です。

ちょっとの期間ですが、住める家がない状態になります…。

なので、新しい部屋と今の部屋の家賃が少し重複してしまうぐらいの気持ちで考えていた方が安心して引っ越すことができます。

入居時期はできる限り余裕を持たせて決めることをおススメします。

 

話が少し変わりますが、入居審査のOKが出たら引っ越し費用の見積もりをできるだけ早く取りましょう。

入居審査の結果については、早くて1週間ぐらいで出ます。

引越の見積もりは荷物がどれぐらいあるかだけでなく、実際に引っ越し先の物件も下見してもらうのがおススメです。

この引っ越し先の下見は、家具などの大きな荷物がある場合、その荷物が引っ越し先のエレベーター又は廊下、玄関ドアなどを通り抜けることができないなんてことがあったりします。

このような場合、余計な手間がかかってしまい引越屋さんに追加請求される可能性もあるのでご注意ください。

 

次回に続きます。

♪お住まいのお困りごと、分からないことがあればお気軽にご連絡下さい♪

~~~~~~~~~~~~~~~~
☆これからの住まいの新基準☆
☆「リニュアル仲介」☆
●不動産の資産価値を即座に判断できる面白いアプリ
 セルフインスペクションアプリ「SelFin(セルフィン)
 無料で登録できるので、気軽に遊び感覚で利用してみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~
○●○藤ホーム地所株式会社○●○
・HP:https://fujihomejisho.co.jp/
・高島平本店
 住所:東京都板橋区高島平8-14-1
 Tel: 03-3935-0024
 Fax: 03-3935-6339
・赤塚店
 住所:東京都練馬区田柄2-52-8
 Tel: 03-3930-6441
 Fax: 03-3930-6438
○●○●○●○●○●○●○●○●
この記事を書いた人
遠藤 勝信 エンドウ カツノブ
遠藤 勝信
いずれ藤ホーム地所の三代目!?になるかもしれない一般平社員です。 定期的に駐車場のゴミ拾いや除草剤の散布、管理物件のお部屋や共用部の清掃、細かい雑務などをやっています。 最近はものづくりにどっぷりとはまっており、自分で建具を作ってみたり、壁を塗装してみたりと部屋を色々といじっています。 ものづくりの作業状況は弊社のブログで随時更新しているのでご覧いただけたらと思います。
arrow_upward