9:00-18:00 (日・祝 9:30-18:00)
水曜日、第三火曜日
2018年12月04日
ブログ

DIYで二重窓を作ってみる!~その3~

みなさまこんにちは。

前回のブログの続きです。

既存の枠を外したので、新規枠材の加工をしていきます。

使用する材料は?

新規の枠材として使用する材料は、DIYでもお馴染みの1×4材と2×4材です。
これらを少し加工しますが、既存の木枠が取り付けられていた溝幅と丁度良かったので、これらの材料を選びました。
写真の中央にあるのは、前回の『ほんのり透明な引戸』でも使用した溝付角材、その右にあるのが8mm角の細い角材です。
この細い角材は引戸のレールを作るために使います。
新規の枠材として使用する材料は、DIYでもお馴染みの1×4材と2×4材です。 これらを少し加工しますが、既存の木枠が取り付けられていた溝幅と丁度良かったので、これらの材料を選びました。 写真の中央にあるのは、前回の『ほんのり透明な引戸』でも使用した溝付角材、その右にあるのが8mm角の細い角材です。 この細い角材は引戸のレールを作るために使います。

新規の枠材として使用する材料は、DIYでもお馴染みの1×4材と2×4材です。

これらを少し加工しますが、既存の木枠が取り付けられていた溝幅と丁度良かったので、これらの材料を選びました。

写真の中央にあるのは、前回の『ほんのり透明な引戸』でも使用した溝付角材、その右にあるのが8mm角の細い角材です。

この細い角材は引戸のレールを作るために使います。

1×4材たちを加工する

既存の木枠の角が、このように斜めにカットされていました。
同じように加工したいと思います。
既存の木枠の角が、このように斜めにカットされていました。 同じように加工したいと思います。

既存の木枠の角が、このように斜めにカットされていました。

同じように加工したいと思います。

そこで『ソーガイドF鋸セット』の登場です。
これを使って斜めにカットしたいと思います。
このガイドを使えば、木材を直角にカットできたり、傾斜をつけてカットすることも可能になります。
そこで『ソーガイドF鋸セット』の登場です。 これを使って斜めにカットしたいと思います。 このガイドを使えば、木材を直角にカットできたり、傾斜をつけてカットすることも可能になります。
そこで『ソーガイドF鋸セット』の登場です。
これを使って斜めにカットしたいと思います。
このガイドを使えば、木材を直角にカットできたり、傾斜をつけてカットすることも可能になります。
そこで『ソーガイドF鋸セット』の登場です。 これを使って斜めにカットしたいと思います。 このガイドを使えば、木材を直角にカットできたり、傾斜をつけてカットすることも可能になります。

そこで『ソーガイドF鋸セット』の登場です。

これを使って斜めにカットしたいと思います。

このガイドを使えば、木材を直角にカットできたり、傾斜をつけてカットすることも可能になります。

上の写真のように、ガイドをセットして円形部分の隙間に鋸の刃を差し込み、45°の傾斜で木材をカットします。
興味本位でこのガイドを買ってみましたが、思っていた以上にキレイに仕上がったので満足です。
上の写真のように、ガイドをセットして円形部分の隙間に鋸の刃を差し込み、45°の傾斜で木材をカットします。 興味本位でこのガイドを買ってみましたが、思っていた以上にキレイに仕上がったので満足です。
上の写真のように、ガイドをセットして円形部分の隙間に鋸の刃を差し込み、45°の傾斜で木材をカットします。
興味本位でこのガイドを買ってみましたが、思っていた以上にキレイに仕上がったので満足です。
上の写真のように、ガイドをセットして円形部分の隙間に鋸の刃を差し込み、45°の傾斜で木材をカットします。 興味本位でこのガイドを買ってみましたが、思っていた以上にキレイに仕上がったので満足です。

上の写真のように、ガイドをセットして円形部分の隙間に鋸の刃を差し込み、45°の傾斜で木材をカットします。

興味本位でこのガイドを買ってみましたが、思っていた以上にキレイに仕上がったので満足です。

トリマーを使って枠材を掘り込む

新規で取り付ける木枠材の厚みが、これからはめ込む溝よりも少し厚かったためトリマーを使って掘り込みました。
新規で取り付ける木枠材の厚みが、これからはめ込む溝よりも少し厚かったためトリマーを使って掘り込みました。
新規で取り付ける木枠材の厚みが、これからはめ込む溝よりも少し厚かったためトリマーを使って掘り込みました。
新規で取り付ける木枠材の厚みが、これからはめ込む溝よりも少し厚かったためトリマーを使って掘り込みました。

新規で取り付ける木枠材の厚みが、これからはめ込む溝よりも少し厚かったためトリマーを使って掘り込みました。

丸ノコを使って枠材を加工する

窓枠のカーテンレールが取付られる部分の枠材の加工に少し苦戦しました。
下と縦、三方の枠の加工はトリマーで簡単に加工できましたが、この上部の枠だけは他の部材と厚みが違い、既存枠の加工のされ方も少し違いました。
上の写真を見ても分かると思います。
トリマーを使ってこの加工をするのは無理があるので、丸ノコを使って加工していきます。
窓枠のカーテンレールが取付られる部分の枠材の加工に少し苦戦しました。 下と縦、三方の枠の加工はトリマーで簡単に加工できましたが、この上部の枠だけは他の部材と厚みが違い、既存枠の加工のされ方も少し違いました。 上の写真を見ても分かると思います。 トリマーを使ってこの加工をするのは無理があるので、丸ノコを使って加工していきます。

窓枠のカーテンレールが取付られる部分の枠材の加工に少し苦戦しました。

下と縦、三方の枠の加工はトリマーで簡単に加工できましたが、この上部の枠だけは他の部材と厚みが違い、既存枠の加工のされ方も少し違いました。

上の写真を見ても分かると思います。

トリマーを使ってこの加工をするのは無理があるので、丸ノコを使って加工していきます。

刃先の調整

丸ノコの刃先の深さを調整して、2回に分けて溝を入れていきます。
丸ノコの刃先の深さを調整して、2回に分けて溝を入れていきます。
丸ノコの刃先の深さを調整して、2回に分けて溝を入れていきます。
丸ノコの刃先の深さを調整して、2回に分けて溝を入れていきます。

丸ノコの刃先の深さを調整して、2回に分けて溝を入れていきます。

2回に分けて溝入れる

まず木材を立てた状態で丸鋸を使って一本の溝を入れて、その後に倒して溝を入れると、上の写真のようにかき込むことができます。
まず木材を立てた状態で丸鋸を使って一本の溝を入れて、その後に倒して溝を入れると、上の写真のようにかき込むことができます。
まず木材を立てた状態で丸鋸を使って一本の溝を入れて、その後に倒して溝を入れると、上の写真のようにかき込むことができます。
まず木材を立てた状態で丸鋸を使って一本の溝を入れて、その後に倒して溝を入れると、上の写真のようにかき込むことができます。
まず木材を立てた状態で丸鋸を使って一本の溝を入れて、その後に倒して溝を入れると、上の写真のようにかき込むことができます。
まず木材を立てた状態で丸鋸を使って一本の溝を入れて、その後に倒して溝を入れると、上の写真のようにかき込むことができます。

まず木材を立てた状態で丸鋸を使って一本の溝を入れて、その後に倒して溝を入れると、上の写真のようにかき込むことができます。

最後は丸ノコと手ノコを使って

最後の部分は丸ノコだけでは難しそうだったので手ノコも使って加工しました。
もっと効率の良いやり方があると思いますが、今回のように何回かに分けて溝を入れることで、このような加工もできることを知れてかなり勉強になりました。
最後の部分は丸ノコだけでは難しそうだったので手ノコも使って加工しました。 もっと効率の良いやり方があると思いますが、今回のように何回かに分けて溝を入れることで、このような加工もできることを知れてかなり勉強になりました。
最後の部分は丸ノコだけでは難しそうだったので手ノコも使って加工しました。
もっと効率の良いやり方があると思いますが、今回のように何回かに分けて溝を入れることで、このような加工もできることを知れてかなり勉強になりました。
最後の部分は丸ノコだけでは難しそうだったので手ノコも使って加工しました。 もっと効率の良いやり方があると思いますが、今回のように何回かに分けて溝を入れることで、このような加工もできることを知れてかなり勉強になりました。
最後の部分は丸ノコだけでは難しそうだったので手ノコも使って加工しました。
もっと効率の良いやり方があると思いますが、今回のように何回かに分けて溝を入れることで、このような加工もできることを知れてかなり勉強になりました。
最後の部分は丸ノコだけでは難しそうだったので手ノコも使って加工しました。 もっと効率の良いやり方があると思いますが、今回のように何回かに分けて溝を入れることで、このような加工もできることを知れてかなり勉強になりました。
最後の部分は丸ノコだけでは難しそうだったので手ノコも使って加工しました。
もっと効率の良いやり方があると思いますが、今回のように何回かに分けて溝を入れることで、このような加工もできることを知れてかなり勉強になりました。
最後の部分は丸ノコだけでは難しそうだったので手ノコも使って加工しました。 もっと効率の良いやり方があると思いますが、今回のように何回かに分けて溝を入れることで、このような加工もできることを知れてかなり勉強になりました。

最後の部分は丸ノコだけでは難しそうだったので手ノコも使って加工しました。

もっと効率の良いやり方があると思いますが、今回のように何回かに分けて溝を入れることで、このような加工もできることを知れてかなり勉強になりました。

 

次回に続きます。

♪お住まいのお困りごと、分からないことがあればお気軽にご連絡下さい♪

~~~~~~~~~~~~~~~~
☆これからの住まいの新基準☆
☆「リニュアル仲介」☆
●不動産の資産価値を即座に判断できる面白いアプリ
 セルフインスペクションアプリ「SelFin(セルフィン)
 無料で登録できるので、気軽に遊び感覚で利用してみてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~
○●○藤ホーム地所株式会社○●○
・HP:https://fujihomejisho.co.jp/
・高島平本店
 住所:東京都板橋区高島平8-14-1
 Tel: 03-3935-0024
 Fax: 03-3935-6339
・赤塚店
 住所:東京都練馬区田柄2-52-8
 Tel: 03-3930-6441
 Fax: 03-3930-6438
○●○●○●○●○●○●○●○●
この記事を書いた人
遠藤 勝信 エンドウ カツノブ
遠藤 勝信
いずれ藤ホーム地所の三代目!?になるかもしれない一般平社員です。 定期的に駐車場のゴミ拾いや除草剤の散布、管理物件のお部屋や共用部の清掃、細かい雑務などをやっています。 最近はものづくりにどっぷりとはまっており、自分で建具を作ってみたり、壁を塗装してみたりと部屋を色々といじっています。 ものづくりの作業状況は弊社のブログで随時更新しているのでご覧いただけたらと思います。
arrow_upward